商品のご紹介

かんきつ無茶々園のある愛媛県明浜町は柑橘栽培の盛んな町。無茶々園の主役です。

出荷時期:2月〜3月

不知火

不知火
  • 不知火

品種紹介

昭和47年に長崎の国立果樹試験場にて、清見オレンジとポンカンのかけあわせで誕生した交雑種です。誕生してしばらくはいびつな形から敬遠されていたましたが、徐々に栽培が広まり特に平成になってから急速に普及しました。かけあわせの交雑種としては大成功した品種です。熊本果実連が商標登録した「デコポン」の名称が定着していますが、品種登録上は不知火です。
やや厚めの皮をむけば中は柔らかく手軽に食べることができ、糖度も非常に高いのが魅力です。

無茶々園での栽培

古いところでは20年以上前から作っていましたが、不知火(デコポン)を本格的に植えたのは2005年頃。ちょうど栽培が下火になってきた伊予柑に代わる品種として取り組んでいます。いま無茶々園の不知火はまだ10年足らずの若木が多く、これから主力品種として推していきたい柑橘です。

<{$product_name}>

食べごろ

旬は2月〜3月。とにかく糖度は間違いなく乗ってくる力強い品種です。ただし、年によっては酸味が抜けにくいことがあり、酸味の様子を見ながら出荷しております。

無茶々園から

病害虫にはかなり強く、畑では農薬はあまり使わなくても十分に作りやすい品種です。どの品種にも一長一短あるものですが、無茶々園で本格的に不知火(デコポン)に取り組む際に懸念していたのは、腐敗と酸抜け。特に凸凹した果皮には小さな傷がつきやすく、冬の気温が高ければ腐敗率も高くなってしまいます。今は気温が上がる前に温度管理のできる大型冷蔵庫へ移すことで対応しています。酸抜けについては、酸味の取れやすい早生系品種を導入したことで、古くからある品種ほど問題になることはないようです。
この柑橘のプロフィール
酸味 ふつう
甘み 強い
内皮 薄くそのまま食べられる
外皮 厚めだがむきやすい
皮の色 オレンジ
なし
果汁 多い
サイズ 7〜10
一玉の重さ 120〜200g

商品名

不知火

価格

 
3kg
7kg
これも一緒にどうですか?
  • ジュース 柑橘加工品

    無茶々園の柑橘類を利用し
    たジュースやマーマレード
    の他、みかん蜂蜜なども
    扱っています。

    もっと見る
  • かいさんぶつ

    ちりめんの祇園丸を中心に、
    宇和海の海産物もご好評頂い
    ています。真珠も全国屈指の
    美しさです。

    もっと見る
  • 産物いろいろ

    宇和と愛南町一本松のお米
    と自社農園で捕れた野菜や、
    乾物なののいろいろな加工品
    をご案内します。

    もっと見る
  • 詰め合わせ

    柑橘・野菜など、その時期に美味しい物を無茶々の里からかき集めて詰め合わせています。

    もっと見る
  • 真珠

    全国屈指の美しさと生産量を誇る、宇和海の真珠。ひとつひとつ丁寧に加工しています。

    もっと見る
  • yaetoco

    柑橘類ベースのコスメブランドです。やさしい香りに包まれて心と体をリラックスさせて下さい。

    もっと見る