商品のご紹介

かんきつ無茶々園のある愛媛県明浜町は柑橘栽培の盛んな町。無茶々園の主役です。

出荷時期:3月〜5月

甘夏 (樹成り)

甘夏 (樹成り)
甘夏 (樹成り)
  • 甘夏 (樹成り)
  • 甘夏 (樹成り)

品種紹介

昔ながらの夏ミカンの枝変わりとして昭和初期に誕生しました。夏ミカンよりも酸味が少なく食べやすいことから各地へと普及していきました。果実の大きさや果肉の様子など文旦系の特徴を持っていますが、ほろ苦く甘酸っぱい風味は甘夏ならでは。春先の柑橘として親しまれてきた柑橘です。
甘夏の厚い果皮はマーマレードやピールといった加工にも向いています。果肉から果皮まで楽しめるのも甘夏の魅力です。
甘夏は収穫前まで樹上に成らせた「樹成り甘夏」と、冬に収穫した果実を長期間貯蔵した「貯蔵甘夏」があります。「樹成り甘夏」は3月から5月にかけて、「貯蔵甘夏」は6月に発送しております。

無茶々園での栽培

甘夏が普及し始めた当初から明浜でも作られてきました。この地では50年以上の歴史があります。品種が移り変わっていく中でも、甘夏の生産量は安定しており、昔も今も地域を支える大事な品種の一つです。愛媛の南端・愛南町でも新規就農者グループ(ファーマーズユニオン)などによる出作り栽培を進めています。

<{$product_name}>

食べごろ

旬は3月〜5月。3月の甘夏は酸味も強くインパクトある味ですが、徐々に酸味がとれてまろやかな風味になってきます。マーマレードなどに加工するなら皮のしっかりしている4月までがおすすめです。

無茶々園から

とにかく無農薬で作りやすい品種といえば甘夏です。樹勢が強いために少々の病害虫では弱ることがありません。樹齢を重ねた大木になっても毎年しっかり実を成らせてくれます。
3月から5月と出荷期間は長いですが、後ろに行くほど酸味はまろやかになり、逆に春の温度上昇と降雨の影響で外観は悪くなっていきます。しかし、汗ばむころほど美味しく感じる初夏の味です。
この柑橘のプロフィール
酸味 強い
甘み ふつう
内皮 かたい
外皮 厚くかたい
皮の色 黄色〜淡いオレンジ
あり
果汁 ふつう
サイズ 9〜12
一玉の重さ 300〜450g
商品名

甘夏 (樹成り)

価格

 
3kg
7kg
10kg
これも一緒にどうですか?
  • ジュース 柑橘加工品

    無茶々園の柑橘類を利用し
    たジュースやマーマレード
    の他、みかん蜂蜜なども
    扱っています。

    もっと見る
  • かいさんぶつ

    ちりめんの祇園丸を中心に、
    宇和海の海産物もご好評頂い
    ています。真珠も全国屈指の
    美しさです。

    もっと見る
  • 産物いろいろ

    宇和と愛南町一本松のお米
    と自社農園で捕れた野菜や、
    乾物なののいろいろな加工品
    をご案内します。

    もっと見る
  • 詰め合わせ

    柑橘・野菜など、その時期に美味しい物を無茶々の里からかき集めて詰め合わせています。

    もっと見る
  • 真珠

    全国屈指の美しさと生産量を誇る、宇和海の真珠。ひとつひとつ丁寧に加工しています。

    もっと見る
  • yaetoco

    柑橘類ベースのコスメブランドです。やさしい香りに包まれて心と体をリラックスさせて下さい。

    もっと見る